«

»

12月 21

『たうくハん山のづ(道灌山の図)』 昇亭北寿

b4a81662

『たうくハん山のづ(道灌山の図)』 作者:昇亭北寿

【絵画データ】
1801-04~1818-30年頃作
中判錦絵
19.5cm×27cm
収蔵場所 名古屋テレビ放送

 


崖の横を歩く人々の図。「たうくハん山」は道灌山のことで、東京の日暮里から田端へ続く台地。田んぼは単純な色彩と形態の連続で、崖などを見ても同じように単純化されている。この表現は北斎の洋風画の形式に倣い、更にオリジナルの表現へと変換している。北寿の絵はピカソなどのキュビズムに通じるものがあり、先駆的な立ち位置にある。

この記事が気に入ったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>