«

»

12月 17

『群鶴図屏風』 石田幽汀

matome357 matome358

『群鶴図屏風』 作者:石田幽汀

【絵画データ】
18世紀中頃作
六曲一双 紙本金地着色
各156cm×362.6cm
収蔵場所 静岡県立美術館(静岡県・静岡市)

 


鶴の大群を描いた作品。絵全体を埋め尽くすように描かれた鶴は一羽ずつ違うポーズをとり、非常に躍動感である。この作品には5種類の鶴が登場に、タンチョウ、ナベヅル、マナヅルは伝統的に描かれるが、ソデグロツル、アネハヅルは珍しいモデルである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>