«

»

4月 08

『リヴィエール嬢の肖像』 ドミニク・アングル

matome1

『リヴィエール嬢の肖像』 作者:ドミニク・アングル

【絵画データ】
1805年作
油彩・カンヴァス
100cm×70cm
収蔵場所 ルーヴル美術館(フランス・パリ)

モデルは、ナポレオン帝政の要人フィリベール・リヴィエールの夫人。若き日に家族や友人をモデルに肖像画の技法を磨いていたアングルが、その力量を社会的に試されたのがこの作品である。

モデルがまだ15歳と若く、未成熟で清純な雰囲気を漂わせていた。アングルはモデルの性格や容姿を繊細にくみ取って表情や立ち振る舞いを表現している。

モデルはこの絵が描かれた年に亡くなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>