«

»

1月 15

【建築家】リカルド・レゴレッタ【メキシコ】

lego_01

リカルド・レゴレッタ(Ricardo Legorreta Vilchis、1931年5月7日 – 2011年12月30日)

メキシコの建築家。原色で大胆に壁を塗り分け、自然の光を取り入れる。球体のオブジェや格子などのフォルムも斬新で、現代的感覚とメキシコの伝統文化を融合する建築家。色で表現する個性、大きな窓や空間、人々が集うパティオ(中庭)など伝統的なライフスタイルが建築物に投影されている。メキシコシティに生まれ、国立自治大学で建築を学ぶ。国際的に有名になったのは1968年、メキシコシティに建てたホテル『カミノ・レアル・ホテル・メキシコシティ』。ピンクの格子と黄色の壁の玄関、真っ青な壁に囲まれた泉など鮮やかな色彩がインパクトを放つ。当時勢いのあった近代主義の美学だけでなく、土着性を反映した現代メキシコ建築を追求した。その特徴を生かした建築は、中南米、米国南部、中東などにも多い。

 


【作品一覧】

カミノ・レアル・ホテル・メキシコシティ (1968)

 

matome135
matome136

ザ・マーケット・プレイス (1988)

 

マナグア大聖堂 (1993)

 

matome137

サンアントニオ公共図書館 (1995)

 

matome148

ジャパン・ハウス (1998)

 

832ea341

64b5fd53

a2439283

テキサスA&M大学カタール校 (2007)

 

e9893f7d

10569a65

6f38d55b

59085883

cd4ada7c

カーネギーメロン大学カタール校 (2008)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>