«

»

1月 16

【建築家】リカルド・ボフィル【スペイン】

リカルド・ボフィル(Ricardo Bofill Leví、 1939年12月5日-)

スペイン、カタルーニャ出身の建築家。日本ではリカルド・ボフィールの表記も見られる。1939年、スペイン、バルセロナに生まれる。バルセロナ建築高等技術学校およびスイスのジュネーヴ大学で学ぶ。フランコ独裁政権に抗してマルキストになり、一時投獄された経験をもつ。1962年、建築家やエンジニアばかりでなくチームには、文筆家・数学者・写真家・哲学者・経済学者・社会学者と多彩な分野の人々がスタッフに加わるクリエール・タイエ・デ・アルキテクトゥーラ(Taller de Arquitectura)を設立。

 


【作品一覧】

la-manzanera-0-537x339

la-manzanera-6

La Manzanera Resort(1964-1982)

 

Club Mas Pey(1966)

 

35439_l

Kafka’s Castle(1968)

 

a16f93b2

6a6e9300

ウォールデン7 (1975)

 

5192bf01b3fc4b3741000026_classic-maritxell-sanctuary-ricardo-bofill_meritxell_sanctuary_andorra_ricardo_bofill_taller_arquitectura_14-1000x631

The Sanctuary of Meritxell(1977)

 

24192421

アンティゴーヌ(1978)

 

beb3274f

メリチェイの聖母教会 (1978)

 

yqtj_echelles_de_la_ville_montpellier_france_ricardo_bofill_taller_arquitectura_03

Les Echelles De La Ville(1987)

 

swift-1

35301_l

Belgium Swift Headquarters(1989)

 

55dc45b1

ユナイテッドアローズ原宿本店(1992)

 

Chicago_2007-2

77 West Wacker Drive(1992)

 

17d77895

マドリッド市議会(1993)

 

be73b423

国立カタルーニャ劇場 (1997)

 

El Gornal Housing(1997)

 

15840ab4

d56521b0

カサブランカ・ツインセンター(1998)

 

c2585373

明治安田生命青山パラシオ(1998)

 

Atrium_Saldanha_Portugal_Ricardo_Bofill_Taller_Arquitectura_02

Atrium Saldanha(1998)

 

fqfthc84180ncwbn

Weidert Housing Complex(1999)

 

ac0e5ec7

東京銀座資生堂ビル(2001)

 

UPC.CampusNorte.Edificio.Nexus2

UPC Campus Nord, building Nexus II(2002)

 

34804_l

A Coruña Convention & Exhibition Center(2005)

 

4957544e

ラゾーナ川崎プラザ(2006)

 

miguel_delibes_center_t030310

Miguel Delibes Cultural Center(2007)

 

Funchalcentrum(2007)

 

fa84add7

5e848c35

バルセロナ=エル・プラット空港 第一ターミナル(2009)

 

W_Barcelona_by_Ricardo_Bofill

W Barcelona Hotel(2009)

 

Desigual_Headquarters_Ricardo_Bofill_Taller_Arquitectura_17

Desigual Headquarters(2013)

 

52ffb525

ムラーリャ・ロージャ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>