«

»

12月 28

『鏡の前のアントワネット・エベール』 フランソワ・ミレー

matome4

『鏡の前のアントワネット・エベール』 作者:ジャン=フランソワ・ミレー

【絵画データ】
1844-45年作
油彩・カンヴァス
98cm×78cm

モデルの少女は、著名な出版社にして古銭学者のフェリックス・ファルダンの妻の連れ子。フォルダンとミレーは親交が厚く、ミレーの妻ポーリーヌが結核でなくなった際も、ミレーを多方面で支えた。本作は、その友人に対しての礼として描いた作品であろう。

単純な肖像画にしては構成が凝っており、右上のカーテンから少女の左腕までの斜線と、左上のサインから髪、腰までの斜線がXを描き、更にモデルのS字に曲がった腰を据える複雑な構図であるこれは、ベラスケスなどの影響を指摘されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>