«

»

12月 15

『縄でひかれた犬のダイナミズム』 ジャコモ・バッラ

042c3e33

『縄でひかれた犬のダイナミズム』 作者:ジャコモ・バッラ

【絵画データ】
1912年作
油彩・カンヴァス
89.9cm×109.9cm
収蔵場所 オールブライト=ノックス美術館(アメリカ・ニューヨーク)

 

 

1910年代は抽象画家の動きが活発になってきた時期である。バッラも他の画家と同じく、スピードや動きに関して絵画的な手法で表現するように試みている。本作品は黒い子犬が勢いよく走る様を描いているが、今までの動物絵と明らかに違うのは、犬が走っている場面を連続撮影したかのように描いたことである。速さというものをこのように表現したのは一つの発明と言えよう。現代でも漫画などの表現によく使われる描き方である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>