«

»

12月 28

『母親の心遣い』 フランソワ・ミレー

matome21

『母親の心遣い』 作者:ジャン=フランソワ・ミレー

【絵画データ】
1855-57年頃作
油彩・板
29cm×20.5cm
収蔵場所 ルーヴル美術館(フランス・パリ)

戸外で用を足す男の子とそれを手伝う母、様子を伺う姉を描いた作品。親子の愛情は、主題としてよく取り上げており、農家の風景とともにミレーの作品にとって重要な意味を持っていた。ミレー本人も3人の男の子に恵まれており、親子愛を強く意識していたことは明白である。

この記事が気に入ったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>