『星の夜』 フランソワ・ミレー

52945, 1961.22

『星の夜』 作者:ジャン=フランソワ・ミレー

【絵画データ】
1850-65年頃作
油彩・カンヴァス
65.4cm×81.3cm
収蔵場所 イェール大学美術館(アメリカ・コネチカット州)

田舎の空から見える満点の星空を描いた作品。本作は、ミレーが亡くなった時にアトリエに残されており、後にグービル商会によって売却された。グービル商会は、ゴッホが務めていた場所で直接本作とは関係がないようだが、ゴッホも星空の作品を幾つか残しており、本作の影響を想像する専門家もいる。どちらにしろ、満点の星空と田舎の風景は都会育ちの憧れであり、フランス近郊のバルビゾンがミレーにとって理想郷であったことがよく分かる。

コメントを残す

Your email address will not be published.