«

»

12月 16

『悔悛するマグダラのマリア』 ラ・トゥール

b9cf8ff3

『悔悛するマグダラのマリア(聖なる火を前にしたマグダラのマリア)』 作者:ジョルジュ・ド・ラ・トゥール

【絵画データ】
1642-44年頃作
油彩・カンヴァス
128cm×94cm
収蔵場所 ルーブル美術館(フランス・パリ)

 


新約聖書の福音書に登場するキリストに仕える女マグダラのマリア。彼女が蝋燭の前で骸骨の頭部を持ちながら座っている。非常にミステリアスな雰囲気を表現するように漆黒の闇と照らされた人物のコントラストが見事である。作者のラ・トゥールは闇の表現に長け「夜の画家」とも評された。

この記事が気に入ったら

2 pings

  1. 『ランプの下で縫い物をする女性』 フランソワ・ミレー | ネット美術館「アートまとめん」

    […] 寝ている子供の傍らで、ランプの明かりを頼りに裁縫をする女性を描いた図。平凡な家庭の夜の一場面であるが、光と影の対比が美しい。バルビゾン派の興味は、田舎の光にまでおよび、ミレーもこの暖かいランプの自然な光に、牧歌的な美しさを感じていたであろう。また、ランプの光に照らされる構図は、ラ・トゥールの『悔悛するマグダラのマリア』など宗教画の名作に似ている。 […]

  2. 『ランプの下で縫い物をする女性』 フランソワ・ミレー | ネット美術館「アートまとめん」

    […] 寝ている子供の傍らで、ランプの明かりを頼りに裁縫をする女性を描いた図。平凡な家庭の夜の一場面であるが、光と影の対比が美しい。バルビゾン派の興味は、田舎の光にまでおよび、ミレーもこの暖かいランプの自然な光に、牧歌的な美しさを感じていたであろう。また、ランプの光に照らされる構図は、ラ・トゥールの『悔悛するマグダラのマリア』など宗教画の名作に繋がる部分がある。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>