«

»

12月 17

『夜色楼台図』 与謝蕪村

25c8aeb6

(全体)

b02482f7

(部分)

『夜色楼台図』 作者:与謝蕪村

【絵画データ】
1778~83年頃作
一幅 紙本墨画淡彩
28cm×129.5cm
収蔵場所 個人蔵

 


深々と雪の降る京都を題材とした作品。まず目に入るのは太い線で強調された家屋や山の輪郭線である。通常、荒々しい龍などの表現に使われる手法だが、雪の重さを表現しているような重厚さが感じられる。また背景の雪の白が地上近くでグレーに変わるのも面白い。全体として下に画面の重心が偏っている。山を見ると稜線が白い雪の上にアバウトに描かれており、ラフな線のような軽快さも感じられる。この画面から読み取れる質量感のバランスが巧みと言えよう。

1 comment

  1. ヤマト

    国立博物館にて鑑賞 涙が出ました、心から感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>