«

»

12月 16

『オフィーリア』 ミレイ

222ea2a1

『オフィーリア』 作者:ジョン・エヴァレット・ミレイ

【絵画データ】
1851-52年作
油彩・カンヴァス
76cm×112cm
収蔵場所 テート・ブリテン美術館(イギリス・ロンドン)

 


冷たい川に身を任せ死にゆく女。シェークスピアの「ハムレット」のヒロインであるオフィーリアが、母と結婚した叔父に父を殺された悲しみの中で、川に身を投げ死んでしまう。その狂乱の中で儚く死にゆくオフィーリアを細密な描写で幻想的に描き上げている。オフィーリアを囲む花々にはそれぞれ、パンジー=叶わぬ愛、ケシ=死、ひな菊=無垢といった意味が含まれている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>