«

»

12月 06

『アルルの洗濯女』 ポール・ゴーギャン

7c4869fe

『アルルの洗濯女』 作者:ポール・ゴーギャン

【絵画データ】
1888年作
油彩・画布
収蔵場所 ビルバオ美術館(スペイン・ビルバオ)

 


ゴーギャンはポスト印象派の画家だが、その作品には抽象画の要素を含んでいる。色彩や形態の単純化はまさに抽象画の始まりを感じさせ、本作品でも人物や風景の色使い、物体や衣装の単純化(=細かな形態を描きこまない)が見て取れる。
また、ゴーギャンは輪郭をはっきりと描き、一様な色彩で埋め尽くしていくクロアゾニスム(区分主義)を考案した。この手法は日本の浮世絵から学んだものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>