『鴛鴦』 歌川広重

872d8a03

『鴛鴦』 作者:歌川広重

仲の良い夫婦をおしどり夫婦というほど、鴛鴦(おしどり)の雄雌二羽が気持ちよさげに水面をすべっている。この図もやはり水と鳥と速度を巧みに表現し、水中の鳥の足を無線にて摺って実感を表している。「おし鳥のわかれも見たり朝嵐」と一句添えられている。

コメントを残す

Your email address will not be published.