«

»

12月 20

『柱時計美人図』 西川祐信

e4ac0227

『柱時計美人図』 作者:西川祐信

【絵画データ】
1716-41年作
収蔵場所 東京国立博物館(東京都・上野)

 


美しい女性が柱時計の分銅の紐を結んでいる場面。足元の丸い行燈が夜更けを感じさせ、それでも恋人を帰すまじと時計に細工をしている場面だと考えられている。女性の物憂げな表情と繊細なしぐさがそのような物語を感じさせるのかもしれない。絵師・祐信の画力がはっきりと分かる一枚である。

この記事が気に入ったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>