『東都三ツ股の図』 歌川国芳

15bea0af

『東都三ツ股の図』 作者:歌川国芳

船大工が防腐のために船腹を焼く、江戸時代の人々の日常を描いている。画面向かって右手に見える大きな橋が永代橋で、その向うは佃島。また、左の遠景には万年橋が描かれ、その近くに、不思議な形状の巨大建造物が建っている。これが2012年開業の東京スカイツリーに似ていると話題を呼んだ。

コメントを残す

Your email address will not be published.