『坂田怪童丸』 歌川国芳

9a03003b

『坂田怪童丸』 作者:歌川国芳

坂田怪童丸は、金太郎(後に坂田金時)の通称で、江戸時代多くの浮世絵に描かれている。怪童丸と巨大な鯉の組み合わせは、共に端午の節句飾りのモチーフで、そのイメージを一つにまとめた国芳の発想は、江戸時代だけでなく現代も人々に馴染み深い。

コメントを残す

Your email address will not be published.