«

»

12月 06

『四人のブルターニュの婦人』 ゴーギャン

matome704

『四人のブルターニュの婦人』 作者:ポール・ゴーギャン

【絵画データ】
1886年頃作
油彩・画布
139cm×374.5cm
収蔵場所 ノイエ・ピナコテーク(ドイツ・ミュンヘン)

 


ブルターニュ地方での作品を多く残しているゴーギャンの第一次滞在期の作品。ブルターニュの若い女が伝統的な踊りを踊る場面。初期の作品から遠近感や色彩の使い方を発展させ、踊り子たちの生き生きとした姿を表現している。
この頃に総合主義(サンテティスム)の創始者であるエミール・ベルナールと出会い、後にゴーギャンも総合主義の最も重要な人物となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>