«

»

12月 07

『千絵の海 甲州火振』 葛飾北斎

matome49

『千絵の海 甲州火振』 作者:葛飾北斎

火振は夜の川辺で松明を振り、魚をおびき寄せる漁法。白く抜いた星空が夜の暗さをよく表しており、松明の動きと渓流の流れが相俟って見事な躍動感を生み出している。

この記事が気に入ったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>